断食芋虫



飢えた芋虫にわざわざ自分から出向く3人の冒険者。


あるものは手にジュースを。
パイを。
無謀な挑戦なのだろうか?


目線を少し下にむけ、魔方陣をじっと見つめる。




「いいか?眠らせてアスピルだぞ。」


「う。うん。」



「合図のマクロ作っといてくれない?」

「う。うん。」








ゆっくりと入っていく。

目の前には大きな芋虫。


果たしてこの戦いの行方とは!!??












































ええ。一番にどつかれました。ごめんなさい。
ほんとごめんなさい。

広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット